« September 2005 | Main | November 2005 »

October 30, 2005

福岡空港

今日、福岡県は北九州、小倉から帰ってきました。

(昨日のライブに来てくれたみんなありがとう!!)

行きも帰りも飛行機で、羽田-福岡の往復。

で、やっぱ空港といえばお土産売り場

特に福岡といえば明太子を中心に色々名物があるので、

毎回そこに寄るのが密かな楽しみ。

でも、

そんな楽しい時にも、ちょっと困ったりする事がある。

それは、例えば明太子ひとつとっても、

色んなブランドがあり、たくさんの店がある事。

ホントどれにしようか迷ってしまう。

しかもそれを更に難しくさせるのが

ご当地の名物より名物な「売り子のおばちゃん」

こっちがちょっとでも品を見ようものなら、

容赦なくスパイダーマンのような糸を出してくる。

そして相手がオレのように一応若い?青年だったりすると、

染之助染太郎のように、いつもより多めにその糸は放たれ、

あっというまに身動きがとれなくなる。

そんで必殺「試食しなさい攻撃」をくり出してくる。

初めのうちはおいしいくて、ありがたいが

そのうち口中が明太子に染まる。

もうぶっちゃけ、

舌が麻痺してどれも同じに感じます・・・・・

だけど、それを言い出せずにいると、

「おいしいでしょ!?これが一番人気!!」

「一番人気」の札を指差しながら言う。

いったい何個一番人気の明太子があるのだろう?

ハテナマークが頭に広がり、

あげくのはてには、

むかし、池袋の路上で売ってた

怪しいロレックスの時計に書かれてた

「本物より本物」の札すら頭をよぎる。

ここまでくると完全おしまいだ。

気付いたら、

またしても大量の明太子を買っていた・・・・・

恐るべし!!売り子レイディーズ!!

と、言いつつも

ホントは心優しきレイディーズ、

今日もおまけにラーメンとおつまみくれました。

サンキュー!!

DIARY | | TrackBack (1)

October 25, 2005

家族写真 「マザー・テレサ」

生前、ノーベル平和賞を受賞し、

生涯を恵まれない人のために捧げた

マザー・テレサという人物はみんなご存知だろう。

オレもたいへん「リスペクト」している人物だ。

しかし、ここ日本にもそのような人物がいるのを

みんなは知ってるいるだろうか?

多分そんな噂、見たことも聞いたこともないだろう。

それもそのはず。

なぜなら今まで、一度もテレビや新聞で報道されていないからだ。

しかも今後もそんなニュースは流れないだろう、確実に。

それなので今回はその謎の人物について語ろう。

----------------------------------------------

オレはかねがね、世界の偉人と会って見たいと思い、

世界各国で放浪の旅をしている・・・・・・・

わけではないが、そういう人に興味があり

常に外にアンテナを張っている。

しかし、「灯台下暗し」とはよく言ったものである。

そのスゴイ人物は意外にも我が故郷・徳島にいた!

これを読んでる読者の中には、きっとオレの事を

「この前、近所の川原でカッパと遊んだ!」って

自慢するクラスメイトぐらい、

オオカミ少年だと思っているかもしれない。

だがこれは紛れも無い事実である。

ではその人と具体的にどこで会ったのか?

そしてそれはいったい誰なのか?

ズバリ、教えよう!

あれは数年前、久々に実家に帰った時だった。

オレがリビングで雑誌を読んでいると、

ノリノリでイクミさんこと母ちゃんがどっかから帰ってきた。

「どこ行っとったん?」

「そりゃ、アレよ!」

「何?あれって!?」

すると、よくぞ聞いてくれましたっていう表情で

「そりゃ、ボランティアよ!」

と勝ち誇ったようにイクミさんは言った。

そう、母ちゃんは古くは学生時代、公園のトイレ掃除から始まり、

アフリカに衣料を送ったり、様々な奉仕活動を行っている。

それで、今日は何をしたとか云々聞いていると、

最後にイクミさんは得意気に、耳を疑うような爆弾発言をした。

「だって、ママは日本のマザー・テレサじょ!」

で、でかい・・・・・・・

自称にしてはでかすぎる!!

詐称にしてはバレバレすぎる!!

どこからどう見てもマザー(母ちゃん)の部分しかかぶらない。

「マザー・テレサ」

「マザー・イクミ」

韻も踏んでない・・・・・・・

けど、すごいパンチラインだ。

どんなプロのコピーライターでも考えつかないフレーズだ。

オレにはたとえこの先30年、

非暴力をうったえても

「日本のガンジー」と言えない自信がある。

そう、結果、日本のマザー・テレサはわが家にいて、

正体はイクミさんだったのだ。

まあ、そんなでかい事をサラっと言っちゃう母ちゃんも、

ある意味「リスペクト」である。

家族写真 | | TrackBack (3)

October 17, 2005

Word Is Bond 第1回 「ソーセージとウィンナー」

本日より、以前ブログで告知してたように、

ポッドキャスティング(ネットラジオ)を開始します。

その名もコーキの「Word Is Bond」!

まずは、ポッドキャスト愛聴者の皆さん、

「はじめまして!」

そしてブログ「好きに輝く」の愛読者の皆さん、

「チェイ~!」

この「Word Is Bond」では、毎回ピックアップした言葉をテーマに、

芸能界の裏番長、山崎クラーク伍牢ちゃんを迎え、

ゆるゆるなトークを繰り広げます。

第一回目は「ソーセージとウィンナー」の違いを語ります。

といっても話は脱線しまくるので、シートベルトをしめて聴いて下さい。

なんせ見切り発車ですから。

しかも若干、坂道発進ですから。

関係ないけど縦列駐車嫌いですから。

それでは下のアドレスをクリックし、

ダウンロードしてお楽しみ下さい!

http://co-key.cocolog-nifty.com/blog/files/word_is_bond01.mp3

Word is Bond. | | TrackBack (5)

October 13, 2005

一時帰郷

実はこの数日間、徳島に帰ってました。

といっても今回は仕事ではなく、完全プライベート。

理由は、恥ずかしながらオレの誕生会。

厳密には先週7日が誕生日だったんだけど、

当日は東京で身内の仲間が誕生会を開いてくれて、

そのままクラブに行き、朝まで生コース

寝ないで空港に直行し、

その夜、実家で1日遅れの二回目の誕生会。

肉をジュ~、ジュ~焼きました。

本当に今年はたくさんの人に祝ってもらって、

この場をかりて言いたい。

「ありがとう!」

そして、金メダリスト岩崎恭子ちゃん風に言いたい。

「今まで生きてきた中で一番幸せです!」

そして、ついでにキャンディーズのように言いたい。

「普通の女の子に戻りたい!」

あ、これは間違った・・・・・・

とにかく、それぐらい感極まったってこと。

この恩返しは、これからもっと良い曲を作って返すので、

今後ともよろしくメカドック!       

DIARY | | TrackBack (2)

October 07, 2005

阿波弁講座 第1回 「どくれる」

本日より、いよいよ阿波弁講座を開講します。

講師は阿波弁検定一級の資格を持ち、

東京弁検定準一級、

英会話二級ぐらいの実力とのコーキ先生です。

それではまず阿波弁について軽く説明すると、

阿波弁とは、先生の故郷・四国の徳島で使われている方言、

つまり言いかえると徳島弁ですね。

阿波とは徳島の昔の呼び名で、

四国だと讃岐(さぬき)の香川、土佐(とさ)の高知などにあたります。

関東の人からすると関西弁に近く聞こえるみたいですね。

実際に聞いてみたい人は先生のCD『C2K』をチェックしてください。

その中に「阿波バウンス!」という阿波踊りのリズムで歌ってる曲があり、

後半、阿波弁でラップをぶちかましてます。

その歌詞の中にも使って、質問が多かったフレーズ

「どくれる」

を一回目のキーワードにしたいと思います。

この何ともインパクト大な響きを持つ言葉、

どんな意味だと思いますか?

例えば

「毒れる」

「怒くれる」

みたいな怖いイメージが浮かびますかね?

それともお洒落な高級レストラン

「ド・クレール」

ええ、そんなの浮かべる人はいませんね。

じゃあ、

「ドク・レール」

なんか救急で急いでる医者のみが使える電車の線。

却下。

もう止めときます。

答えは

「すねる」とか「ふてくされる」って意味です。

そして、しょっちゅうすねる人のことを「どくれ」と言い、

それが子供の場合、「どくれご」と言います。

ちなみに余談ですが、先生は小学生のころ、

6年連続どくれごチャンピオンの栄冠に輝きました!

それではその元チャンプ・コーキ先生が、

明日から使えるフレーズをレクチャーします。

(例1)まわりのみんなに彼氏(彼女)が出来て、ふてくされてる友達に

ドンマイの気持ちをこめて、さわやかに

「ま、そんなにどくれんなって!」

きっと元気になってくれるはず!?

(例2)パパにおねだりをして、断られた時に

おちゃめな表情で、さとう珠緒風に

「も~、どくれてやる!」

更にそのあとに、プン、プン!もつければ何でも買ってくれるはず!?

さあ、明日から学校や会社でみんなも使ってみよう!

阿波弁講座 | | TrackBack (6)

October 01, 2005

コラボレーション

いやいや、今年も今日から10月だね。

「マジ、早くね~!」

と、毎年言ってるコーキです・・・・・・(ヒロシ風に読んで下さい)

昨日は都内某所でレコーディング。

オレの超リスペクトする、あるアーティストのアルバムに参加するため。

普段、オレはソロアーティストのため、一人で歌う事が多いため、

やっぱ他のアーティストとのコラボはマジ楽しい!

曲もイイ感じに仕上がったので、みんなに言いたいけど

まだ情報が解禁されてないので言えないのよ・・・・・・

けど、今月中には発表できると思うので

ブログやホームページをチョコチェ(ちょこちょこチェックの略)してね。

エニウェイ、

オレも次に出す自分のアルバムは、色んなアーティストとコラボしたいな。

みんなのリクエストもあったら、教えてね。

DIARY | | TrackBack (2)