« October 2005 | Main | December 2005 »

November 26, 2005

家族写真 「不如帰」

ある朝、一本の電話が鳴った。

「ん~、は~い、もしもし」

前日、朝方まで仕事だったオレは

寝ぼけながら電話に出た。

すると、

相手は泣く子も黙る豪腕投手

イクミさん(母ちゃん)だった。

その日のイクミさん、

かなり調子が良かったのか、

「あんた何しよん?」

「まだ寝よん?」

「もう起きとったん?」

いきなり3球、

150キロの剛速球質問ボールを投げてきた。

「ちょ、ちょっと、待ってくれ!」

声にはならなかったが、

オレは心の中で一生懸命、

どこにもいない審判にタイムを要求した。

だって、オレはまだ、

バッターボックスに立っていない。

それどころかユニフォームすら着ていない。

「それで自分、ボール打ち返せるワケないやん!」

ベタな関西風つっこみを自分自身に入れていると、

ようやく目が覚めてきた。

すると、ノリにノッているイクミさんは、

待った無しで新たな質問を投げてきた。

「今度いつ徳島戻ってくるん?」

今度はどうにか

「まだ分からんよ」

と球に喰らいついた。

そうすると、ニヤリと笑い(想像)

意味深に一球外してきた。

「あんた、不如帰(ホトトギス)知っとん?」

んっ!?

何だ?この敬遠ぎみの質問

クソー、さすがベテランの大投手。

まったくイクミさんの心理が読めない!

しかし、ここで焦ってはいけない。

オレだって藤田家期待のドラフト5位!

冷静を装い、こう答えた。

「もちろん知っとーよ、ホトトギスぐらい」

「あの有名な言葉もあるでー」

鳴かぬなら殺してしまえ不如帰。織田信長

鳴かぬなら鳴かせてみせよう不如帰。豊臣秀吉

鳴かぬなら鳴くまで待とう不如帰。徳川家康

オレは精一杯、

野村監督ばりに頭脳野球も得意なとこをアピールした。

するとイクミさんは作戦通りと言わんばかりに言った。

「ほな、早う徳島戻ってきー」

えっ!?

何でそうくる?

完全に動揺していると、

それをあざ笑うかのように

「ほら、聞こえるだろ~?ホトトギスの鳴き声」

と受話器を庭に向けるふりをした。

「ホ~~、ホケキョ!」

「ホ~~~~、ホケキョ!」

ウ、ウソでしょ!?

マジで?

それイクミさん、

あきらかに自分で鳴いてるやん!!

オレは再度、どこにもいない審判に抗議した。

しかし、

イクミさんはあくまでホトトギスの鳴き声だと主張した。

結局、オレの抗議は認められず、

またしても打者としては最も屈辱的な見逃し三振となった。

そして仕方なく電話を切り、ベンチにさがった、その瞬間、

オレはある重大な事に気付いた!

さっきのホ~ホケキョって鳴き声、

そもそも

ホトトギスじゃなくて、ウグイスやから!!!

やられた・・・・・・・・・・

--------------------------------------

鳴かぬなら自分で鳴いちゃえ不如帰。藤田イクミ

家族写真 | | TrackBack (2)

November 19, 2005

Word Is Bond 第3回 「三枚目」

ジャジャ~ン!

前回の宣言通り、

ペースを上げて約1週間ぶりのWord Is Bond、3回目。

今回は、前回配信後、

「もっとやってほしい」というあきらかに身内からの

みかん箱いっぱいの嘆願書をいただいたので、

「語源・由来シリーズ」続けます。

で、

今回は3回目にちなんで

「三枚目」

無理矢理、にかけてるだけですけど・・・・・

ま、

それはおいといて、

よく友達にいますよね、三枚目。

あと、

これを読んでる人にはまったく関係ないですが、

世間には「二枚目」と呼ばれる人もいるでしょう。

さて、

何気に理解して使ってるこの表現。

いったい、なぜ数字でタイプを分けてるのか

考えた事ありますか?

今回はその謎に相方ゴロウちゃんとせまります。

で、ここでちょっと注意!!

前回放送の「ぐれる」を聴いてない人は、

まずそちらから聴くのをオススメします。

なぜなら、前回が衝撃的な語源だったため

その話題が半ネタばれ的に出てくるからです。

さあ、

それでは下のをクリックし、

ダウンロードしてお楽しみ下さい。

「WordIsBond Vol.3」をダウンロード

Word is Bond. | | TrackBack (2)

November 16, 2005

解禁&初公開

この前、「コラボレーション」というタイトルで

DIARYに書いてたあるアーティストとの共演。

あの時点では情報が解禁されてなくて言えなかったけど、

先日、彼のツアーにシークレット参加し、その曲を初披露!

一部のファンも知るとことなり、

許可もおりたので遂に発表します!

その曲を一緒にやったアーティストとは皆さんご存知ZEEBRA!!

ジブラ氏とは、99年に発表したオレのシングル

「BACK 2 DA FUTURE」のカップリング曲

「BROTHA & SISTA」以来、約6年半ぶり。

今回はジブラ氏とオレのほかに、

倖田來未との曲も好評のKM-MARKIT(ケムマキ)も参加。

3人で、かわいいハニー達に向けて歌う、ナスティチューン!?

その名も「TASTE OF HONEY」

来年発売のZEEBRAのニューアルバムに収録予定。

是非マストチェックの方向でお願いします!!

というわけで、

その曲を初披露したライブ会場(群馬)の楽屋で撮った

UBGのみんなとの記念写真?をアップします。

(このブログで写真をアップするのは初・・・・・上手くいくかな?)

co-key1co-key2 左:ジブラ氏との2ショット!

右:UBGのメンバーとチェイ~

(左からKM、オレ、OJ、UZI)

*ライブの模様の写真はオレのホームページに載せてるよ。

DIARY | | TrackBack (3)

November 10, 2005

Word Is Bond 第2回 「ぐれる」

毎度!

みなさん、お待たせいたしました。

いよいよ本日、

Worad Is Bond 第2回を配信したいと思います。

前回より結構の間があいたので

一部では「初回にして最終回」という噂が

まことしやかに業界(ニフティ社内など)をかけめぐりました。

しかし、

それはあくまでオレ自身が流した噂であり、

みんなに「止めないで!」と言って欲しかったからです・・・・・

まさに自作自演です。

そして、その結果、

作戦は見事に大・大・大成功!!?

↑(スターどっきりマル秘報告をイメージして読んでください)

トラック一台分のファンレターが事務所に届く

夢を見ました・・・・・

これは縁起がいい!

ということで相方ゴロウちゃんと話し合い、

ポッドキャスティングをこれからも続けることにしました。

*スイマセン、ホントは二人のスケジュールやスタジオの手配に手間どっただけです・・・・・

これからは月3~4回のペースで配信する予定なのでチョコチェック(ちょこちょこ要チェック)!!

さて、

それでは気をとり直して参りましょう!

毎回、ある言葉を選び、

それについて寄り道と脱線を繰り返す、

ぶらり途中下車トーク番組「Word Is Bond」。

今回のキーワードは

「ぐれる」

そう、意味はみんなも知ってるように

不良になる。

ワルになる。

では、

この言葉「ぐれる」とはいったいどこから来ているのか?

いったい語源・由来はなんなのか?

気になる人、別にそうでもない人、

ただ暇な人、だれでもOK!

下のアドレスをクリックし、

ダウンロードしてお楽しみ下さい。

「WordIsBond Vol.2」をダウンロード

Word is Bond. | | TrackBack (0)

November 06, 2005

阿波弁講座 第2回 「おきる」 

みなさんおはようございます!

本日もさわやかに阿波弁講座をはじめたいと思います。

講師はもちろん、

阿波弁師範大学(非常勤講師見習い)のコーキ先生です。

それでは、さっそく授業をはじめましょう。

ズバリ今回のお題は?

ジャジャン!

「おきる!」

といっても、この言葉「おきる」だけでは使いません。

前に「腹が付きます。

つまり「腹おきる」または「腹がおきる」と言います。

それでは前回同様、

まずは言葉の響きから意味を推測していきましょう。

とりあえず一番想像できるのが、

なんともおぞましい

「腹を切る」

切腹。

イタッ!!

お願いだから止めましょう。

腹を割って話す事は良い時もあるけど、

腹を切っちゃいけません!

では次、「ハラ」の漢字違いパターン。

もしこれが「腹」ではなく「原」だとするとこうなる。

「原が起きる」

え!?マジで?

って、別に起きたっていいでしょ。

原さんだってずっとは寝れないよ。

しかも友達に原さんがいない場合、

このセリフどう使えっていうのだ!!

じゃぁ、あえてこのパターンをいかすとすれば?

多分こうなります。

成績不振に悩む巨人にもう一度「原が起きる」

頑張れ!若大将!

って、やっぱ苦しい・・・・・・

では夏休み中のエピソード。

「朝顔切る」

なんか残酷。

しかもいつのまにか「原」から「朝」になっちゃってるし。

これも違う。

それではこの辺で正解を教えましょう。

答えは

「オナカがいっぱいになる事」

で、腹がいっぱいになった時は「腹おきた」と過去形になります。

それではまた、明日から使えるフレーズをレクチャーします。

(例1)上司のおごりをいいことに、ガッツリ食べちゃった時、

クマのプーさん風にお腹をおさえ、愛らしく

「ポン、ポン、すっかりオナカもおきちゃいました」

そう言えば、きっと次もご馳走してくれるでしょう。

(例2)昼ごはんを食べて、午後からウトウトしだした時、

居眠りしないぞ!という決意を込め言ってみよう。

「オレは寝てない!腹はおきたんだ!」

すると、みんな首をかしげるかもしれないが、

気合は感じてくれるはずだ!

さあ、さっそく明日からまた、

今日学んだこのフレーズを使いこなしてみよう。

阿波弁講座 | | TrackBack (2)