« November 2005 | Main | January 2006 »

December 29, 2005

Word Is Bond 第5回 「番外編」

2005年もそろそろ終わりですが、

今年最後のWord Is Bond は、

年末蔵出しスペシャル!?

今まで何回か配信してきましたが、

第1回の収録時、

実は別のヴァージョンも録っていたのです。

ですが、そのヴァージョン、

何のトピックも考えずしゃべった結果、

Word Is Bondの趣旨と若干ずれてしまい、

残念ながらお蔵入りしたのでした。

しかし、

このトークが「くだらなすぎてうける」という、

なんとも適当、かつ年末進行マル出しな理由で

今回「番外編」としてお届けする事にしました。

くわしい内容は聴いてのお楽しみですが、

相方ゴロウちゃんの初恋相手が明らかになります!

それを聞いただけで、

いかに本編がくだらないか想像つくでしょう!?

ま~、下をクリックして聴いてみて下さい!

「wordisbond.番外編」をダウンロード

Word is Bond. | | TrackBack (2)

December 21, 2005

魔物探し

昔から田舎ではこう言われている。

「東京には魔物がすんでいる!」

その真実を確かめたくて、

かれこれ10年以上も前に上京して来た。

しかし、

いまだにその魔物は発見できない。

それどころか、テレビで高校野球を観ていた時、

あるチームが土壇場で逆転した。

その時、アナウンサーがこう言った。

「やはり甲子園には魔物がすんでいる!」

なに!?

魔物はいつのまにか関西に引っ越していたのか!

だから今まで見つからなかったのか!

「よーし、今ならまだ大阪あたりにいるはずだ」

そう思ったオレは、大阪に足を運んだ。

そして大阪在住の友達夫婦を誘い、

魔物がいそうな場所を捜索した。

まず、梅田近辺を探したが見つからないので、

次になんばの方に下った。

すると、

なんとなくゲゲゲの鬼太郎のように妖気を感じた。

「ここか!?」

そう思い、なんばグランド花月の反対側にある

「BASEよしもと」に足を踏み入れた。

しかし、

にのうらごというヤバイ三人組はいたが、魔物はいなかった。

その後、味穂という店でも、

たこ焼きを食べながら店内を見回したが、

その店の名物おばちゃん以外は、やはりいなかった・・・・

きっとまた引っ越したのだ。

そう、もっと西の方に・・・・・・・・・・

「こうなったらとことん行ってやる!!」

-----------------------------------------------

というわけで、

22~23日は北九州・小倉~博多。

24日は山口・宇部で、

クリスマスを返上して魔物探しに出かけます。

22日の小倉と24日の宇部は、

夜ライヴもやるので、(場所はホームページ観てね)

魔物の情報を持ってる人は是非教えに来てください!

DIARY | | TrackBack (2)

December 15, 2005

Word Is Bond 第4回 「天ぷら」

今、東急東横線、中目黒~祐天寺あたりで

密かなブームを呼んでいる?

Word Is Bond、語源・由来シリーズ。

(ちなみにそのブームは密かすぎて誰も知りません)

なので、今回も懲りずにやります。

今回とり上げる言葉は、日本を代表する料理、

「天ぷら!」

中学時代、使っていた英語の教科書

「サンシャイン」の登場人物、

ナンシー・ブラウンも超お気に入り!

「モリタサン、コレ、オイシイデスネ!」

みたいな感じで、外国人も大好きなテンプラです。

漢字では天婦羅、もしくは天麩羅と書きます。

さて、この言葉のルーツはいったい何か?

今回も、相方ゴロウちゃんと共に

ドリフのバカ兄弟(長さん&仲本工事)さながら

「あんちゃん、すげ~や!」トークが炸裂します。

それでは、語源なんてどうでもいい方もこの際、

下をクリックし、ダウンロードしてご一緒に楽しんでください!

「word_is_bond_vol.4.」をダウンロード

Word is Bond. | | TrackBack (2)

December 11, 2005

御招待!!

いつも「好きに輝く」をチェックしてくれてありがとう!

そこで、今回はみんなに感謝の意味をこめて

ビッグなプレゼントをしちゃいます!

さて、それは何でしょう?

まさか、

「家族写真」でもおなじみのイクミさん(母ちゃん)のプロマイド!?

ん~~~~、

世界中から「いらねーー!」の熱いラヴコールが聞こえてきます。

映画「ラヴ・アクチュアリー」をもう一度観たくなる気分です。

それでは、

気を取り直してプレゼントを発表します。

それは、

今年最後で最大のヒップホップイベント「流派NIGHT」の招待券!!

このイベントは完全招待制で、どこにもチケットは売ってません。

それを今回は、このブログを読んでくれてるみんなに、

ドカンと20組40名様を招待しちゃいます!

参加アーティストも豪華なので、

オレのライブが観たい人も、ヒップホップに興味がある人も

この機会に是非遊びに来てください!!

いろメロミックス presents 流派NIGHT 

12/28(水) @新木場STUDIO COAST

OPEN‐15:00/START‐16:00(予定)

出演アーティスト:

BOY-KEN/CO-KEY/DJ OASIS/DS455/G.K.MARYAN

Heartsdales/KAMUI/K DUB SHINE/MELLOW YELLOW

MINMI/SPHERE OF INFLUENCE/three NATION/YA-KYIM/ZEEBRA

加藤ミリヤ/トラビット/トリカブト/デリカテッセン/ラッパ我リヤ

餓鬼レンジャー/童子-T  AND MORE (アルファベット順)

詳しくはオレのホームページを読んでね。

DIARY | | TrackBack (2)

December 04, 2005

阿波弁講座 第3回 「あるでないで」

え~、ご無沙汰しております。

12月に入り、すっかり寒くなってきましたね。

そんな寒い日は、パソコンで「阿波弁講座」

もはや定番ですね。

きっと日本全国0.001%の人が、

マチガイナイ!とうなずいてるでしょう。

そんなマニアな愛すべき生徒達にコーキ先生、

本日もはりきって授業したいと思います!

それでは気になる今日のお題は?

ティコティコン☆

↑(ドラえもんが道具を取り出すときの音)

「あるでないで」

さあ、どうです?

今回はまた、特に謎めいてるでしょう。

だって、有るのに無いですよ。

英語に置き換えるとYESなのにNOですよ。

まさに「NOと言えない日本」みたいな。

そう考えると、なんか、

いかにも日本人的な曖昧表現にもとれますね。

でも、少し見方を変えると、

最初は肯定しておいて、

その後、全否定みたいな残酷表現にも聞こえる。

例えると、

「クイズ100人に聞きました」という番組がありましたが、

あれを思い出して欲しい。

家族の誰かが、答えを大声で叫ぶと、

家族はもちろん、観客までもがその答えに対し、

「ある!ある!ある!ある!」と叫ぶ。

答えた本人もその声援に期待を膨らます。

そして、息をのんで画面に目をやると、

×のマークが表れ、会場中にブ~~!と鳴り響く。

残酷ですよね。

あれがまさに、

最初に肯定し、その後全否定の典型的パターンですね。

と言う事は、そうゆう状況を指して

「あるでないで」と言うのだろうか?

はたまた、

全然違って、

双子のマラソン選手、荘兄弟の永遠のライバル

「アルデとナイデ」from南米なのか?

ん~、それは聞いた事ないですねぇ。

もしかして、

「アレ」あるようでない

ニューハーフの人を指す隠語なのか?

ほんと謎が謎をよびますねぇ。

それでは、

そろそろ答えと行きますか。

実はこの意味、

全然そんな深くありません。

いたってシンプル。

ようは、探し物などをしている友達に、

例えば「オレのメガネ見なかった?」

と聞かれたとしましょう。

そのメガネが机にあるのを知っていたら、

こう言います。

「それ、机の上にあるでないで

そう、つまり

東京弁で言う「あるじゃん」てこと。

丁寧に言うと「そこにあるじゃない」てことですね。

まあ、色々深読みしましたが

本日もいい勉強になりましたね。

それでは明日からドンドン使ってみましょう!

阿波弁講座 | | TrackBack (1)