« ヨシオ君の誕生日 | Main | いらっしゃ~い! »

July 08, 2006

阿波弁講座 第9回 「おかっこまり」

ハイ、ど~も。

前回のブログにも書いたように、

先週は実家のある徳島に帰ってました。

久々にゆっくり出来たおかげで、

東京に戻ってきても阿波弁が抜けません。

ていうか、

むしろ阿波弁モード全開です☆

まあ、それにはもう1つ理由がありまして、

実は今週、

天才画家でもあるイクミさん(母ちゃん)が、

東京に刺激を求めて?

上京していたのです。

その案内役に大ばってきされたこともあって、

日常会話も阿波弁で埋めつくされていたのです。

そう、朝も昼も夜も・・・・・・・

まさに、英語じゃないけど、

「阿波弁でしゃべらナイト!」

(このナイトは騎士ではなく夜のNIGHTでキマリ☆)

っていう感じだったのです。

その甲斐あって、

また色々面白い言葉を思い出したので、

本日も始めましょう!

「阿波弁講座」

それでは、

今回のキーワードを発表します。

ズバリッ、

「おかっこまり!」

ケ、ケ、ケッ、

また今回も強烈な単語でしょう?

なんかとてつもなく

ヒワイな予感すらしますよねぇ~。

(全然違いますけど・・・・)

さあ、どんな意味だと思います?

それじゃ、例のごとく意味を推測してみますか。

まず、

言葉通り、カッコの部分をクローズアップ!して、

書き直してみましょう。

おカッコまり、

つまり、

お(まり)

???

ん~、どういう意味だ?

「分かった!」

これはきっと何か、

ドラマの台本の台詞ですね。

しかも原作は確実にアニメ系☆

登場人物にマリという女の子がいて、

その子はきっとボーイッシュな役で、

学校の帰り、立ち寄ったいつものゲーセンで、

普段はあまりみかけないクラスメイトのヒロシに出会い、

そこでマリが一言。

「おっ!」 (マリ)

みたいな・・・・・・・・・・

ブ~~~~~~

ありえない!

っていうか妄想膨らみ過ぎっすよね~。

それじゃあ、

もし、そのマリちゃんの家が都会にあったら・・・・・・

都会っ子、マリ。

その延長線上で、

もし、マリちゃんが丘(おか)の上に住んでたら、

丘っ子、マリ。

みたいな・・・・・・・・・・

ブ~~~~~~、

ワンスアゲイン!

どっちもありえないっすね。

それでは、ヒント。

これはある動作を指して言います。

怒られた時や、

お寺などでよくします。

分かりましたか?

そう、答えは、

「正座」

徳島、またはその近県では、

正座のことを「おかっこまり」というのです。

むかし、行儀が悪くてよく言われました、

「ちゃんとおかっこまりしとき~!」って。

それでは、皆さんもたまには

おかっこまりして、足をしびれさせてみて下さい!

ちなみに、

足がしびれることを、阿波弁では、

「しびれがきれる」といいます。

おかっこまりしびれがきれるを、

ダブル活用できるようになったら、

あなたも立派な阿波弁スペシャリストです!

目指せスペシャリスト☆

阿波弁講座 |

TrackBack

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130978/10844809

この記事へのトラックバック一覧: